萌えって一体?

2004年12月08日
萌え、萌える、萌え系、

この言葉一体何を意味するのか?

何の番組だったか、今年の流行語大賞とヒット商品番付の話題とともに、その言葉にちょっとだけ触れていた。

なんのことやら想像がつかぬ私はYahooで検索してみた。
今日はあえてどのサイトも開かず、そのカテゴリーの分類名とリンクの解説だけで想像してみる。

アニメ、チャット、掲示板、出版社、ブックス、アニメーション、テレビアニメ、評論、レビュー、コミック、テーマ、イラスト、ロリータ、ゲーム、キャラクター、思い、語る、アダルト、同人、攻略情報 、アリスソフト、エルフ、ストーリー、CM動画、デモムービー、配信、エンターブレイン、秘書、メイド、教育、恋愛、アドベンチャー、ゲームソフト、プリンセスソフト、製品、ぷに萌え系、美少女、ノンフィクション文学、レポート、連載記事、サービス、オンライン作品、Web現代、声優、朗読、ポエム、スクリーンセイバー、壁紙、有料配信、俳優、女優、ファンページ、ドラマ鑑賞、日記、プロフィール、浜田学、コンピュータゲーム、SS、RPG、ファイナルファンタジーXI、プレイ日記、新緑、体験談、告白、…

なんだかアニメ関連の言葉が乱立しているようだが、さっぱりわからん。なかにはアダルト系の言葉もちらほらと見え隠れしている。

そこにその答えはないと知りつつも、いつも世話になっているウェブ辞書attayoで調べてみると「萌え」をキーワードに対しこれだけリストアップされた。

■もえいづ=萌え出づ
(1) 芽ぐむ。草木が萌えでる。
「石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも/万葉 1418」
(2) 心にきざす。
「雪の下草下にのみ萌え出づる恋をしる人ぞなき/堀河百首」
■もえぎ=萌え木
若芽の萌え出た木。
■もえだす=萌え出す
木の芽が出はじめる。萌え出る。
「新芽が―・す」
■もえたつ=萌え立つ
さかんに芽を出す。
「嫁菜餅草の誰はばからず―・つなど/いさなとり(露伴)」
■もえでる=萌え出る
草や木が芽ぶく。萌え出す。
「草木の―・でる季節」
■もえる=萌える
芽が出る。芽ぐむ。きざす。
「草が―・える」「春は―・え夏は緑に/万葉 2177」

きざす?
最後に出てきた同意語が気に掛かった。

きざすとは何だ?
■きざす=兆す/萌す
(1) 草木の芽がもえ出ようとする。芽ぐむ。「新芽が―・す」
(2) 事が起ころうとする気配がある。
「春が―・す」「大乱逆―・してけるにや/愚管 2」
(3) 心の中に考えなどが生ずる。
「疑心が―・す」
(4) 事を起こし始める。
「ムホンヲ―・ス/ヘボン(三版)」

色々調べているうちになにげなく引っ掛かったサイトには完璧なほどの説明が掲載されていた。執拗な解説にモヤモヤが一瞬にして消えていく。

Hatena::Diary キーワード 萌え

萌えとは
漫画・アニメ・ゲームなどに登場するキャラクターへの抽象的愛情表現、もしくは偏愛とある。

その昔女優吉永小百合のその名が変じ、多くのファンをサユリストと総称したことを思い出すが、時代は全く違うし発生のメカニズムが異なることは明確だろう。

語源は人物名ともあるが、キャラクターの名前がある日突然動詞に変じたのはどうしてなのだろうか。「燃え」が変じた可能性をどこかで指摘していた。

もしや、
誤変換?

PCの誤変換には日々悩まされているが、もしかしたらこの誤変換が新語の発生に大きく関わっているのではと思えてくる。

−・−・−・−・−・−

百匹目の猿
その話をご存知だろうか?

ある島に隔離されたように生息する猿が、何か特別な知識なり技能、例えば砂のついた豆を水辺で洗うことを覚えるなど、ある意味小さな進化をしたとする。
そんな猿が一匹また一匹と増えその数がある日百匹を越えた時、全く別の島の猿が同じことを始めるという不思議な現象が確認されているらしい。

集合無意識だったか、どんな言葉で解明されていたかは覚えていないが、人やその猿たちは、深い深い無意識のレベルで繋がっているのではないかという説明を記憶している。

潜在意識の奥底では、
人はみな一つの意識を共有しているらしい


−・−・−・−・−・−

「萌え」という言葉が、現在のPC万能の時代になってから発生したことは明らかである。

PCでネットに接続し、掲示板やチャットに個人が言葉を打ち込んでいく。大抵そんなサイトには価値観の似通う人々が集うものだ。ボキャブラリーも自然と似通い、似通う表現も飛び交うことだろう。そんな時にその文字や言葉を“発声”しているのは自らの声帯ではなく、ブラウザであり、PCの日本語変換システムということになる。

誰かがある日、
言いまちがえ”を“言いまつがえ”と言いまつがえて爆笑を巻き起こしたら、その仲間では毎回“言いまつがえ”とあえて“言いまつがえ”るだろう。

共通の“言いまつがえ”というものが、閉塞されたグループほど価値観の共有意識を高めることに繋がっているのではないだろうか。

誤変換とは、PCの言いまつがえとも言えるだろう。
いつも似通う言葉を打ち込まれるPC達は、似通う言いまつがえをするのかも知れない。

−・−・−・−・−・−

人はその奥底で繋がっているとは聞いているが、現在の人々を繋げているのは他でもないPCである。ネットに繋がり、そのネット上で社会と繋がり、他人と繋がっている。

現在の人々にとって、PC世界の共通無意識とは、
PCに潜在する日本語変換システム
かも知れない。

PCの奥底では、
人はみな一つのシステムを共有しているのだから。
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2004/12/08 05:13 | Comment(7) | TrackBack(1) | 雑題雑想
この記事へのコメント
☆今しばらくお待ちください・・・・・
Posted by ミッキー at 2004年12月08日 21:30
あはは、
>ミッキーさん、こんばんわ!
忙しそうですね、お待ちしております。
Posted by 映太郎 at 2004年12月08日 22:15
>ミッキーさ〜ん!
も〜い〜かい?
Posted by 映太郎 at 2004年12月08日 22:16
☆お待たせいたしました。
師匠、今日はここまででご勘弁くださいませぇ〜

次回の回答は明日以降になりますので・・・
Posted by ミッキー at 2004年12月08日 22:43
ふむ、
ご苦労じゃった。

褒美は何が望みじゃ?

ん?姫か?そうか…
着替えてくるよって、しばらく待っておれ。
Posted by 映太郎 at 2004年12月08日 23:06
こんにちは。

「萌え」の定義:「同人おたく用語の基礎知識」より
http://human-dust.kdn.gr.jp/doujin/doujin2000/otaku.html#moe

だそうです。簡単には。

オタクの身としては、この言葉は非常に身近な言葉なわけでして、実際に「萌え」まっさかりな状態の人も多々見ているわけなのですが、明らかに該当二次元キャラに欲情している人から単にお気に入りで気になってたまらないという人まで種々多様ですよね。とりあえずちょっと普通じゃない精神状態にあること、それが多様な妄想への原動力らしいことだけは確かなようですが(笑)。
私も軽い気持ちで「森くん(前首相)萌える!」とか言っておりますが、もちろん彼に欲情しているわけでも彼をネタにホモ妄想を持っているわけでもありません。単に観察していて面白いというだけです。

そんなわけでオタクでありながら「萌え」がよくわからない半端者として、すごく気になる言葉ではあるのですが、いまだ実態がよく掴めない言葉ではあります。

ちなみにこの「基礎知識」のメモ部の「男性キャラに対して使うのは抵抗あるかも」ですが、いわゆる腐女子と呼ばれるある種の特殊な趣味(要はホモ好き)の女オタクにとっては全く抵抗のある言葉ではありません。男オタクの「○○タソ萌え〜」というストレートな感情表現よりは一歩ひねりがあるような気がします。
わからん。というか深い。

「萌えっていったい何なのさ」とかいう文章を前に書いたような気がしたのですが、見当たらなかったので微妙に関連している記事をトラバってみました。気が向いたら読んでみて下さいませ。

ということで、挨拶代わりのつもりが長文失礼しました★
Posted by deco at 2004年12月19日 11:20
>decoさん、こんにちわ!
コメントありがとうございます。

私も実際のところ、この「萌え」という言葉を使ったことも生で聞いたことも、チャットなどでの生ログさえも経験ありません。なので、その意味や由来に関する推察もおおいにずれているかも知れません。

それでもその発生メカニズムは興味があります。

“いい間つがえ”が、単なるいい間違えの繰り返しからいつの間にか一般的な言葉に変わっていったように、PCでの誤変換なども新語の発生に大きく関わっている気がするのです。

人間の突飛な発想のメカニズムにしても、誤変換と似通うように思えますし。

そんな考えを発展させていくと、現在の人々を潜在意識下で繋げている集合無意識と同様に、PC頭脳も別の次元で人々を繋げているものではと思えてくるのです。
Posted by 映太郎 at 2004年12月19日 14:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1226853

ぼくらの腐女子ワールド〜果てしない世界〜(プ
Excerpt: 「腐女子」。 それはオタク文化とは無縁な一般人にとって、何のことを言っているのかよくわからない言葉ではないかと思います。 というより、そんな言葉があることすら知らないのが普通じゃないかと思います。 そ..
Weblog: deco★decocool
Tracked: 2004-12-19 16:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。