上映禁ずる中国も中国だが…

2006年01月23日
 ぐはっ、マジで上映禁止にするとは…。一瞬笑ってしまったが、冷静に考えるとちょっと怖い。

<上映禁止>中国で「SAYURI」―反日感情悪化を懸念
ちなみにこちらのさゆりさんはあくまでイメージ画像です。記事とは一切関連ありませんってば…
 23日付の香港紙「東方日報」などは、来月10日に中国本土で予定されていたハリウッド映画「SAYURI」(ロブ・マーシャル監督)の初上映が中止されたと報じた。 中国人女優の章子怡(チャン・ツィイー)さんがヒロインの芸者役を演じていることから、中国人に旧日本軍の従軍慰安婦問題を思い起こさせ、反日感情の悪化につながることが懸念されるためと同紙は伝えている。
(by香港成沢健一氏/Yahoo/毎日新聞 2006/1/23 19:16)

 まぁ、勘違いの根本はハリウッドのはずなのだが、まったく変な話である。
 


 この件、実は以前にも記事に書いた。

昨年12月9日の記事⇒≪日本妬み中国怒る米国製サユリ≫

 結構マジで嫌悪感を顕わにしている中国と比べ、何の騒動も起きない日本人のお人よしさ加減もまた、私には驚きである。

 まぁ、アメリカ映画の各国に対するイメージの馬鹿さ加減なんてものも、もう慣れっこになっているからどうでもよい。どうせ今までだって散々してきたことである。

 ロシアのピョートル大帝が、戦国時代の殿様が、そして世界中のありとあらゆる人種の登場人物が米語のセリフを喋らされている。セリフ同様、役者だって同じこと。ハリウッドのマイノリティ俳優はきっと話したことも会ったこともない国の人を繰り返し演じさせられてきたはずである。たぶん日本人俳優だって、何度となく中国人を演じさせられてきただろう。

 嘆くとすれば、21世紀になってさえまだ、アジア人を一緒くたにしているハリウッド映画製作者の世界感だろう。いやそれとも、一緒くたにされている自分たちアジア人の個性の無さだろうか。



 ことの発端はチャン・ツィーという中国人女優が、日本人役を平然と受けていることかも知れない。とはいえ、彼女にはそれはそれで世界進出のいいきっかけになっただろうし、彼女を責めるのもまた可哀想な気がしてくる。

 てことは…。ふむ、責めるべきはやはりスピルバーグかぁ。あ〜ぁ、あの監督、「激突!」でのデビュー当時からファンだったのに。

 惜しまれる。いい人だったのに。
posted at 2006/01/23 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 報道批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12136324
※確認及び承認されたトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。