白い金字塔は何度蘇る?

2004年12月04日
おおおおおっ!

 名場面甦る
…フジ系「白い巨塔」3夜にわたって放送

フジテレビ系で高視聴率を獲得し好評を博した連続ドラマ「白い巨塔」が、今月3夜にわたり再編集され放送されることが決まった。

放送日
12月17日午後9時から約2時間
12月24日午後9時から約2時間
12月30日午後9時から約3時間

Yahooトピックスを見た私は
驚き、喜び、そして不安に陥った。

白いビデオテープがまた増えそうだ…
 それよか空のテープはあっただろうか…

ちょっと待てよ、
このご時世にビデオテープが心配なんて

しょうがない。
DVDデッキなどまだ買えないのだ。

時代に取り残された我が家には、無造作に積み上げたビデオテープの巨塔がそびえている。

「白い巨塔」平成リメーク版
原作
山崎豊子『白い巨塔』(新潮文庫刊)

脚本
井上由美子

出演
唐沢寿明(財前五郎)
江口洋介(里見脩二)
伊藤英明(柳原弘)
石坂浩二(東貞蔵)
西田敏行(財前又一)

黒木瞳、矢田亜希子、水野真紀、上川隆也、沢村一樹、及川光博、片岡孝太郎、伊武雅刀、若村麻由美、西田尚美、野川由美子、池内淳子、かたせ梨乃

音楽
加古隆

教授の椅子を手にするためには手段を選ばない医師財前五郎とあくまで患者を中心にした医学を理想とする医師里見脩二の友情の物語。

それにしてもフジテレビ、
蘇るという言葉を何度使うつもりなのだろうか。
たしかこのリメークが発表された時も使っていた気がする。

古い“昭和の金字塔”を倉庫から引っ張り出し、塗り替えた新たな“平成の金字塔”までも、何度も何度も磨き直しているようだ。

ちなみにリメーク版の音楽を担当していた作曲家加古隆氏は、今回の放送のためにテーマ曲をアレンジし直しているらしい。

加古隆氏の新しいアレンジが聴けるなら、今回の再放送もやはりまた価値がある。おまけに新アルバム「白い巨塔−コンプリート」を発売するという。

CDを買いに行かなければ。

ちょっと待てよ。
このご時世にCDを買いに出かけるなんて
自宅のPCでダウンロードできる時代ではないか。

つくづく私の感覚は田宮二郎の時代のままだ。

その昔、「北の国から」の再放送が発表された昭和のある日、丸井自由が丘店に走りビデオデッキを月賦で購入した。

ビデオテープを買いに行くより、
DVDデッキを買いに出かけようか迷い始めた。。
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2004/12/04 17:41 | Comment(8) | TrackBack(1) | 報道批評
この記事へのコメント
どうも^^
ポチっと押しに来ました!
うちもDVDデッキないんですよ^^;
パソコンについてるものの、テレビのアンテナ線を引っ張ることが出来ずに役立たずのままですw
PS2があるのでレンタルはDVDなんですけどね。
アナログとデジタルが混在してます^^;
Posted by ちびはむ at 2004年12月04日 19:18
>ちびはむさん、こんばんわ!
私もDVD再生デッキはあるんですが、録画デッキはまだ買えません。

古いビデオテープも整理したいのですが、この時代にまだまだ増殖を続けています。

DVDの買い控えは、その規格の勢力争いも理由の一つです。

いつか救世主が現れ、
DVD規格世界統一が一瞬にして成されたとしたら、その時の販売台数の伸び率はモノ凄いものになるのではないでしょうか。

その救世主、
ミッキーマウスかも知れません。
反対勢力にとってはヒトラーに見えるかも知れませんが…。
Posted by 映太郎 at 2004年12月04日 20:21
前に「白い巨塔」の後日談みたいな話、やってませんでしたかね?
その後にまた別エピソードを放送するなんざ、何匹目のドジョウを狙っているんでしょうか(笑)。

ちなみに我が家もビデオテープの山がそびえてます。もう少し安くなったらHDD&DVDデッキを買おうかと思ってますが、年末年始には間に合いそうにありません(┳◇┳)。
Posted by とーとー at 2004年12月04日 22:48
>とーとーさん、こんばんわ!
後日談って、
総集編のことですかね…、録画し損なったかなぁ。

結局私は全部録画してます。
本編に、総集編に、メーキングにと。

DVD録画デッキを
買ったら買ったで、過去のビデオライブラリーをデジタルライブラリー化なんて作業が待ってますし、“捨てられないADD人間”の私は、整理したビデオテープも捨てずに残ると思います。どっちにしろ“お気に”の巨塔は消えそうにありません。
なんだかなぁ…。
Posted by 映太郎 at 2004年12月05日 00:18
加古隆の新しいアレンジを聞けるなら、注目ですよね。
自分は本編の方は、裁判で話が盛り上がる後半のクールしか見てないズルイヤツなんですが、これを機にちゃんと見直したいと思います。田宮版も一部しか見たことないし。
PSXを先月購入したんですがまだ使ってません。というかまだ箱も開けてません。もったいない・・・。ちと忙しかったもので。まぁ年末にはフル稼働していると思いますが。新撰組!の総集編もDVD保存したいし。
Posted by small★water at 2004年12月05日 16:17
>small★waterさん、コニャバンワ!

あの“白い巨塔絶賛放映中”の去年の12月に、加古隆氏のコンサートに行ったんですが、残念ながら白い巨塔のテーマは演奏されませんでした。

まぁ、
一番聴きたかった“映像の世紀”は聴けましたんですが、期待した生オーケストラバージョンではなかったので、残念続きで、ちょっと欲求不満がいまだに残ってます。

こんどの新アレンジは期待してます。
多分ピアノソロバージョンなんて風ではないかと思います。
Posted by 映太郎 at 2004年12月05日 17:52
自分は2回「live image」に参加しておりまして、生加古さんを体験しています。映像の世紀−黄昏のワルツいいですよね。同じく生オーケストラバージョンではありませんでした。

>多分ピアノソロバージョンなんて風ではないかと思います。

ピアノソロだったらいいですよね。力強い加古さんのピアノ大好きです。
Posted by small★water at 2004年12月06日 11:41
>small★waterさん、オハヨッす!

おお、イマージュですね!
それも生イマージュですか。

いいなぁ、それ!(ナベサダ風)

私はどちらかというと、オーケストラの方が好みなんですが、どっちも好きには変わりません。
Posted by 映太郎 at 2004年12月06日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

『白い巨塔』は『忠臣蔵』を越える!
Excerpt: 「白い巨塔」は山崎豊子の『第一作』が書かれて様々な形で映像化された。 ちなみにこの『第一作』(白い巨塔)は当時話題になりつつあった医療裁判を取り扱う小説として取り沙汰されたが、財前が一審を勝利し、大..
Weblog: 愛と妄想の日々。
Tracked: 2004-12-30 23:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。