極細パスタは江戸っ子向き?

2004年12月04日
元々ピザやパスタは好きなのだが、最近は特にこれにハマっている。
デ チェコ NO.9 カッペリーニ 0.9mmデ チェコ NO.9
カッペリーニ 0.9mm
超極細のため
なんと茹で時間3分!
せっかち向きのパスタ

純粋にパスタが好きである。
で、時にはむしょうにパスタが食べたくなる。
で、食べたい時はすぐに食べたい。
だからコイツを茹でる。

本当ならパスタを茹でている間にソースでも用意するのだが、私にはソースが必要ではない。まぁ、実際のところ一般的なトマト系のソースが苦手ということもあるのだが、純粋に?単に?パスタだけの味も好きなのだ。

 −・−・−・−・−・−

粉末状に細かく挽いた乾燥ニンニクを多めの塩とともに煮立った湯に入れ、パスタを投げ込む。

タイマーは2分にセット。
説明書きは“3分ぐらい”とあるが3分待ったことなどない。茹で上がりの余熱を考えていつも2分半のつもりで茹でている。

以前普通の太さの頃は9分ほど待っていたが、この極細カッペリーニに変えて以来時間は劇的に短縮された。

極細パスタは、
せっかちな江戸っ子向きのパスタと言える


バターをボールに落とし、鍋の脇に置いておく。はみ出る炎の熱で溶かしている。

粉末ニンニクを少々(ってか実はどっさり)ボールのバターにも混ぜておく。まぁニンニクも本物を使ったほうがよいとは思うのだが、乾燥スライスも結構重宝である。

私はなにかにつけ、塩コショウのようにかけている。迷惑な好みとは自覚しているので仕事をスケジュールと相談して使い分けている。

2分にセットしたタイマーが鳴り出したら、オリーブオイルを少々垂らしパスタを取り上げる。この極細パスタは非常に絡みやすいので、それを防ぐために入れている。

あとはパスタはボールに少しずつ取りバターと絡めて行く。すべてを取り上げてもまだ3分はたっていない。

かなりアルデンテ好みの私だと、茹で時間ピッタリの3分たったころにはすでに座って食べ始めている。

インスタントラーメンとなんら変わりはない。
まぁ、乾燥麺には違いないから、当たり前だろうか。

 −・−・−・−・−・−

ちなみにこのレシピはあまりおススメしない。

お気づきだろうか。
私は茹でるための塩は入れたが、調味料やソースは一切使用してない。軽いバターの塩味だけなのだ。

ここ十年ほど薄味好みがエスカレートして、調味料というものに頼らない味覚感覚になりつつある。高血圧などを心配しているわけでもないのに、どんどん調味料から遠ざかっていく。寿司を食べても醤油は使わず、焼肉を食べてもタレは一切必要ない。

魚の味、肉の味、パスタの味を味わいたい。それがここ最近異常なほど極端になってきた。

 −・−・−・−・−・−

臨終の江戸っ子の冗談をご存知だろうか。

「何か言い残すことはあるかぃ?」

「俺ぁなぁ、
 一度でいいから、
 つゆをたっぷり付けて
 そば食ってみたかったぁ!」

ちなみに私は東京生まれである。

理由は違うが結果的には、
やっていることは同じかも知れない。
ブログランキング ポチっとな!
posted at 2004/12/04 08:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 味覚批評
この記事へのコメント
こんばんは。

カペリーニは細いですよね。
私としては「そうめん」と大差ないような…(苦笑)

しかし驚きです。素に近い味で楽しめるとは。私はスパゲティだと、どうしてもソースに凝ってしまうので、昼はうどん・そばの決まった味のものにします。
Posted by KAN at 2004年12月05日 00:19
>KANさん、こんばんわ!

あのー、
そうめんとは・・・・・・・(_ _ )

素パスタ、
ってとこでしょうか。
単にせっかちなだけだったりして。
Posted by 映太郎 at 2004年12月05日 00:22
レス早い!(笑)

カペリーニがどうしてもそうめんに思えるのですよ。あの細さがどうも…。味は別なんですけど見栄えが…。

でも、スパゲティの茹る時間は私も待ち切れなかったりします。我が家のコンロは電磁調理機でしかも古いタイプなんで、麺を茹るのにえらく時間がかかります。(泣)
Posted by KAN at 2004年12月05日 00:27
>KANさん、マイドどぇす!
ソースが絡みやすく都合がよいこともあります。

ミートソースなんかだとドロドロのコテコテになりそうですが、スープっぽいソースだと程よい絡み具合になるのではないでしょうか。

一時期この細めんと半端のラーメンのスープの元を使って、ラーメンパスタって感じのも試しました。

結局ほとんどラーメンでしたが…。
Posted by 映太郎 at 2004年12月05日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。