パッソの中の溝と鏡

2004年12月02日
そのTV-CFの雰囲気はとてものどかなものに見えるのだが、運転席と助手席に座る2人の間にはかなり深い溝があるように思えてくる。

TOYOTA パッソ TV-CF
「宣言&ゆとりを大切に篇」
出演
・吹石一恵、桜花(ほのか)
音楽
・本間絹子、曲--プチトヨタの唄
車両
・Passo-1.0x2WD シャイニングレッド<R40>
撮影
・オーストラリア/ブリスベン
・国内/河口湖周辺
紹介サイト
 ⇒≪TOYOTA TV-CF LIBRARY
 ⇒≪パッソTV-CF

鼻の頭に赤玉をつけたトナカイみたいな吹石一恵のTOYOTAのCFシリーズと表現すればお分かりになるだろうか。その第何弾だか結婚式に向かう途中に野原の花をどっさり車に積み込むバージョンの話である。

結婚式へのみちすがら、道に迷ったトナカイ吹石はふと見付けた花畑に何を思ったか車を止めて花を貰いに行ってしまう。

助手席で一人不安を覚える桜花(ほのか)はポツリとつぶやく。
また遅刻かなぁ
 …いつものことらしい。

そんな桜花(ほのか)の元へ腕一杯に花を抱え戻ったトナカイ吹石は余裕伯爵で言う。
人間、ゆとりが大切だよね!

楽天家は決まってこんな風にのたまう。
その横で必ずぶつぶつ小声でつぶやいているのが心配性というものだ。

 −・−・−・−・−・−

楽天家心配性の熾烈な駆け引きはいたるところで見受けられる。

私が同じ状況なら「遅刻したらどうしよう…」と車を降りずにきっと地図でも見ているはずだ。OCDの人間は不安に事欠かない。

運転席と助手席と…。
見る人によってはっきり分かれそうではないか。

[A]車を降りて一緒に花畑に走る人
[B]車に残り遅刻の不安に怯える人

[A][B]あなたはドチラだろうか?

[C]車が止まらぬうちに飛び降りて怪我をする人
[D]そんな人の車には不安でそもそも乗らない人

そんな人たちもいるかも知れない。

[E]寝坊して車に乗れなかった人
[F]前日の緊張し過ぎから寝不足で具合の悪い人

そんな人までいるのか?…いるかも。

 −・−・−・−

[A]パッソ度 80%
  …三木谷社長クラスの楽天家タイプ
[B]パッソ度 40%
  …人畜無害影響皆無の心配性タイプ
[C]パッソ度100%
  …天下無敵空前絶後の楽天家タイプ
[D]パッソ度 0%
  …備え過ぎて災い有る心配性タイプ
[E]パッソ度 60%
  …ちょっと不安な楽天家タイプ
[F]パッソ度 20%
  …作家アンデルセン級心配性タイプ

さてあなたはどのタイプだろうか?

 −・−・−・−・−・−

以前どこかにも書いたが、世の中だいたい楽天家が切り開いている気がする。その後を追いかけてはフォローに回るのが心配性の人間なのだ。

世界が楽天家ばかりでも心配性ばかりでもうまくは進まないだろう。

相反するはずなのに
 相性はさほど悪くない


CFに出てくる二人もきっと仲がよいのだろう。
「また遅刻かなぁ」と言っている彼女も、結局はいつもトナカイ吹石とドライブしているに違いない。

逆に考えてみればわかりやすい。運転席と助手席にトナカイ吹石が2人並んで座っていたらどんなことになるのか。想像するだけでも恐ろしいではないか。
そう考えるとCFの運転席と助手席の間のモノは溝とは言えなくなってきた。

相反する二つのモノの間の境界面

もしかするとそれは、
鏡と呼ばれるモノかも知れない。


ブログランキング ポチっとな!
posted at 2004/12/02 20:29 | Comment(2) | TrackBack(1) | 広告批評
この記事へのコメント
さらに、更に、こんばんわ。

私も毒づく割に、石橋を叩いて、叩き壊して渡れなかった!みたいな性格だったりして…ええ、体を壊したこともござい。(苦笑)

なれるものなら楽天家になってみたいです。暇なら暇で、それでいいのか?ってなるので、どうもダメみたいですけど。
Posted by KAN at 2004年12月02日 23:11
>KANさん、重ねがさね、どもです!
私は真剣にADDとOCDの診断を受けてみようかと最近思い始めてます。

心配性ってのも、
激しくなるとホント生活に支障きたしますからね。
玄関のドアノブをホントに壊したこともあります。

楽天家になったらどうなってしまうのかと心配してるようじゃ簡単には治りそうもありませんが…。
Posted by 映太郎 at 2004年12月02日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

一言
Excerpt: あなたはどっち?
Weblog: 毎日一言ブログ
Tracked: 2004-12-02 23:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。