ガレージでシャンソン?

2004年12月01日
その昔巨人戦リレーナイターでは何度もお世話になったテレビ神奈川。

ジャイアンツ戦の終盤、ここぞという時にはなぜか中継が終了する。そんな時必ずテレビ神奈川にチャンネルを回した。ノイズばかりのUHF放送では打球がどこにあるのかも全くわからなかったが、ラジオを引っ張り出すよりはと、我慢しながら見ていた記憶がある。

そんなテレビ神奈川も現在ではtvkなどと小洒落た名前を名乗っている。

このtvk、ローカル局としては結構早い地上デジタル放送導入らしいが、その開局にあわせ普段のトロリとしたローカル情報生番組「ハマランチョ」も今日は気張ってか公開生放送だった。

「とっておき自遊食感ハマランチョ」
月〜金12:30〜14:00
司会:テミヤンこと宮手健雄、
尾辻舞、
大原裕美

特番体制にも関わらず普段と全く変わらぬのんびりとしたマイペースさに、あらためてこの番組の存在価値を見た気がする。とにかく力が抜けているのだ。

そんな番組の歌のゲストも少々マイナーなお方の登場が多いため、毎回かなり新鮮な印象を残してくれる。しかし特番の今日のゲストには目を見張った。

ローリー寺西が髪を真黒に染め
 シャンソンを歌っているではないか…


テロップを確かめた。
ガレージシャンソンショー…?
…?????????????

何んなんだ!?このユニット?!
ローリー寺西風の彫りの深い男は長い黒髪を振り乱しシャンソンらしきものを歌っている。横にはアコーディオンを演奏するテクノ風の男。

怪しい風貌と奇妙なユニット名と結構マジな歌声が、妙な後味を残していった。

情報が少ないと余計に気になるではないか。
このユニット、もう少しメディアに出現して欲しいと思った。

もう少し見たい、聞きたい、味わいたい。

料理の極意か?
腹八分どころか、たったスプーン一杯の味が妙な好奇心を抱かせ、もっと食べたい味わいたいと思わせる。

どこかで、
この続きを味わうことはできないのだろうか。

検索してみた。
ガレージシャンソンショー
ガレシャン紹介サイト⇒リンク

ガレシャン…
その奇妙な名前と好奇心がしっかりと頭にこびり付いてしまった。
posted at 2004/12/01 17:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

一言
Excerpt: くだらない事を書いてます。暇だったら覗いてください。
Weblog: 毎日一言ブログ
Tracked: 2004-12-01 17:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。