吾輩は猫なのか?その2

2004年12月01日
当ブログの副管理人サスケの回顧録記事
吾輩は猫なのか?」のつづき

吾輩は猫なのか?
名前は色々あったが、映太郎にはサスケと呼ばれている。まぁ名前などどうでもよい。
 
サスケの鼻の頭映太郎が私を居候させてくれるようになってからというもの、食べ物を探す必要も雨に濡れる不安も無くなった。さすがに翌日には風呂場に閉じ込められ、お湯をかけられたあげくに泡まみれにさせられたが、その後は身繕いを欠かさなかったのでそれほど悲惨な目には合わなかった。

居場所も少しづつ改善してくれた。初めは台所の板の間だけと言っていた映太郎も、いつのまにか自分から私を居間に呼び寄せ、暇があればいじくっていた。ただただ眠っていたい時はほとほと苦労するが、まぁそれも衣食住と癒しの交換条件なのだからいたしかたない。生きていくには仕事をしなくてはならないのだ。撫でさせるだけでご飯にありつけるなら楽なものではないか。

 外出はいつも自由だった。映太郎はトイレの小窓を開け放しにして出かけてくれたので、私はいつでも好きな時に出入りができた。昼間は私だって用事が色々あったのだ。近所の相棒に挨拶に回り、鎖につながれた犬たちには自由を教え、話し相手をしにお年寄りの家を何軒か巡回し、隣の可愛いミーちゃんにちょっと声をかける。途中で獲物を見つけた時はなるべく土産に持ち帰る。

この土産、どうも映太郎には好まれなかったようで毎回玄関で嫌な顔をされた。叱られたことはないが、かなり困った顔でトイレの窓から見下ろす表情を覚えている。一度鳩をトイレまで運びこんだものの、部屋まで入れずに便器の中に置き忘れたことがあった。和式便器に浮かぶ鳩を見つけた映太郎は悲鳴をあげ、さんざん考えたあげくにどこかに埋めに出かけて行った。せっかく取ってきてあげたのに、ほんと理解に苦しむ。価値観の相違というものだろうか。苦労は認めてくれたらしく私には何も言わなかった。

連れ帰った小ネズミが家中を逃げ回って大騒ぎになったこともあった。確かそいつは埋められずに済んだはずだ。生かしたまま連れて帰るのも結構難しいのだ。まさか冷蔵庫の後に逃げ込むとは思わなかったが。
 
鳩やネズミや馬鹿でかい蛾にカナブンと、思い出してみれば色々と試した。苦労も多いが捕まえるのもそれなりに楽しかった。だがミツバチだけはやめておけばよかった。あんな酷い目に合うとは思いも寄らなかったのだ。

捕まえ損なったミツバチに逆襲され、刺された鼻の頭は腫れ上がった。映太郎はかなり驚いていた。2,3日もすればどうせ元に戻ると気にもしなかったのに、映太郎は医者に連れていくと言ってどこかに電話していた。近所に住む動物好きの親戚だったらしい。
 
結局抗生物質を2,3日分貰っただけで終わった。
だがそれがその後の私の生命に大きく関わることになろうとはその時には考えもしなかった。そのお医者さんの電話番号を知っておく為にも、

私はミツバチにさされる必要があったのだ。
つづく
posted at 2004/12/01 02:10 | Comment(4) | TrackBack(1) | 吾輩非猫
この記事へのコメント
サスケくん、カッチョイイですね!
鳩をくわえて帰って来るなんて(笑)
映太郎さんもアメリカ映画張りに叫んだのかな。
"Ah〜〜〜〜!!" 愉快、愉快♪
笑いごっちゃないぃ?

うちもいろいろくわえて来ます。
外には出られないので家の中にある
ありとあらゆるもの
わざわざ台所に立つ私の足元に置いていきます。
おもしろいです。
Posted by ちぃ at 2004年12月01日 11:54
>ちぃさん、こんにちわ!
習性とはいえ恐ろしいものです。

さすがに便器に浮かぶ鳩には参りましたが、蛾を銜えて帰ってきた時は笑いました。

なぜかトイレの小窓から入らず、玄関を開けろと啼いていました。声がいつもと違い小窓から覗いてみると、私の顔が見えた瞬間に思わずニャーと口を開け、蛾が再び飛んでいってしまったのです。
結局また追いかけていきました。

毎度毎度
一生懸命貢物を取ってくる姿の健気さに叱ることはできませんでした
Posted by 映太郎 at 2004年12月01日 12:48
親バカならぬ猫バカ同士ということですね
猫バカ万歳です(苦笑)
Posted by つなみ at 2004年12月06日 20:33
親バカですな。
我ながら呆れるほどですよ。

自慢話しなら幾らでも…
ってか、苦労させられた話ばかりですがね、私も追々記事にしていくつもりです。
Posted by 映太郎 at 2004年12月06日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

おいらの味方
Excerpt: 寝てるけいぞう(↑)の顔を食ってみた。家畜くさい…( ̄▽ ̄;Aしかし、まぁ。恐くないのかねぇ。顔食われてんのにゴロゴロいってるし(^-^)おいらもうれしいよ。けいぞうはいつだってはおいらの味方。けいぞ..
Weblog: TSUNAMI
Tracked: 2004-12-06 20:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。