嘆かれる横綱不在

2004年11月29日
大相撲九州場所は昨日11月28日(日)千秋楽を終えた。
期待された魁皇は12勝3敗で綱取りは来場所以降に持ち越されたらしい。
残念だが頑張ったのだろう。
お疲れ様である。

 −・−・−・−・−・−

それにしても横綱はいつ現れるのだろう。
早く登場して欲しいものだ。


人気優先だった高見山をパワーアップした小錦の夢を最終完結させたハワイアン横綱曙、父の夢を成就した横綱貴乃花とその弟に付き沿い通した横綱若乃花、ハワイアンより日本人より九州男児のような横綱武蔵丸。彼ら横綱が引退してしまいずっと横綱不在が続いている。

横綱はどこにいるのだ?
そう考えると魁皇の成績が残念でならない。

 −・−・−・−・−・−

ふと懐かしいのは貴乃花の勝ち姿である。

相手が土俵を割る瞬間にぐっと腰を落とし、それ以上は1センチたりとも無駄に押さない彼のスタイルが、このところなぜか再び懐かしい。

いまにして思えば、あの姿勢は相手が土俵から落ちて無駄な怪我をしないように気使っているようにも受け取れる。土俵から相手を支えているようなのだ。

彼にとっては、勝負が決まった瞬間にはすでにお互いは取り組み相手ではなく、力士仲間だったのかも知れない。

彼にとってだけではなく、土俵の上に立つ力士にとっては当然の姿勢なはずである。
ならば横綱にとっては余計にそんな姿勢あたりまえのことだろう。

そんな思いや姿勢が微塵も感じられないそんな横綱が土俵の上にいるわけがない。
そんな力士が横綱になれるわけがない。
そんな横綱は…横綱ではない。


それでもそんな横綱がいるとすれば、それはそれは不思議なことだ。

現在の相撲協会というもの、結構不思議な世界である。

 −・−・−・−・−・−

土俵を割って戦意を自ら消し去った力士に、さらに張り手を振りつける力士。
土俵を出ただけでは物足りず、土俵の下に叩き落とす力士。
勝って振り向き、審判団に「ざまぁ見ろ」とばかりに一瞥を振りまく力士。

そんな力士は力士ではない。
マワシをつける資格もない。
どうしてそんな力士が土俵の上にいるはずがあろうか。

その昔彼らが現役のころは象のようだった相撲協会のお偉いさん方も、今はねずみのように小さくなってしまったようだ。誰ひとりその猫に鈴をつける勇気はないらしい。

 −・−・−・−・−・−

横綱不在の現在の相撲界に早く本当の横綱が登場して欲しい。

頑張れ魁皇!
君なら本当の横綱になれる!

本当の横綱がいないから、
みな偽者の横綱で我慢しているのだ。
posted at 2004/11/29 14:09 | Comment(6) | TrackBack(1) | 雑題雑想
この記事へのコメント
どもです。

ちょっと前に「嫌いなスポーツ選手」というような、週刊誌ネタがありました。ここにお名前載ってましたね、「勝ちが決まっても気合充分」とかマスコミまで気を使っている力士の名前が…。

奥ゆかしさと闘志のバランスって難しいとは思いますけど…「相撲」ならではの妙技を見たいものです。
Posted by KAN at 2004年11月29日 16:44
>KANさん、こんにちわ!
実際あの有り余るほどの闘志こそが彼の強さであるとは思いますが、余る闘志を抑えるのも力士の節度だと考えれば、精神的にはまだまだ未成熟と言えるのではないでしょうか。

節度や礼儀を重んじる各界だからこそ、お構いなしな姿勢が残念です。
Posted by 映太郎 at 2004年11月29日 16:52
こんにちわ。

おっしゃるとおりだと思います。相撲だけじゃなく、柔道や剣道などもそうだと思うのですが、日本生まれのスポーツには節度・礼儀を重んじるものが多いのに、それがないがしろにされているのを見るのは残念です。

アテネ五輪の柔道の試合を見ていたときも確か同じようなことを感じた覚えがあります。
技術面だけでなく、節度・礼儀といった精神面も、なんとかしてちゃんと伝えていってほしいものですね。
Posted by BE ADULTY !! at 2004年11月30日 10:38
>BE ADULTY !!さん、おはようございます!

剣道ネタ
のトリビアが以前紹介されてましたが、ご覧になったでしょうか。すばらしいものでした。

剣道では、
ガッツポーズは反則

実際ガッツポーズで反則になった瞬間の映像が流されていました。

日本には
勝負し、勝ち負けを決するのが目的ではない競技が多いのではと思います。
剣道、柔道、道とつくものはそんなものではないでしょうか。
Posted by 映太郎 at 2004年11月30日 10:50
お怒りはごもっともで・・・・・
最近ハワイの方が来られないのが残念ですね。
M国の方ばっかりで・・・ちょっと偏りすぎかと。
Posted by ミッキー at 2004年11月30日 11:08
>ミッキーさん、おはようさんどす!
M国?
なんだかそれ詐欺の仲間でしょうか?
ありゃM資金だったか…。

そういえば、
格闘技の世界にも色々とご親戚の方がたがいらしているらしいですね。

日本相撲協会
も外国人に門戸を開くとこはなぜかオープンでいいんでしょうが、日本の土俵を踏んでもらうにはソレ相応の躾もしてもらわないと困りますねぇ。

土俵の上での勝った瞬間のあの表情だけは、あまり見たくないです。
Posted by 映太郎 at 2004年11月30日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

大相撲&女子ゴルフ(11/28−日曜分)
Excerpt: ●女子ゴルフツアー:LPGAツアー選手権リコー杯 宮里藍選手,優勝が最低条件の逆転賞金女王に向け, 14番ホールまで首位をキープ。 最終的にはディフェンディング賞金女王の不動裕理が 最大5打差を逆転し..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2004-11-29 21:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。