メトロに乗れるものなら

2009年02月08日
 浅田氏が父子について語っていた。


Title:
「メトロに乗って」TVCM公開
Added:
 Nov 15, 2007
From:
 ONGAKUZA
Data:
 原作者浅田次郎氏が登場し話題となった
音楽座ミュージカル「メトロに乗って」の
CM〜アナザーバージョン〜

 メトロに乗れるものなら…。
 メトロに乗せられるものなら…。 
 


 浅田氏は語る。

「父と子っていうのは永遠に和解できぬ / 和解してたらおかしい話でね / 僕はね、人間同士あらたまって和解する必要ってのはないと思うんですよ、理解すればいい」(/はカット編集)


 そもそも和解できるはずもなく、一歩退いて理解すればいいと浅田氏は云うけれど、理解できる親子さえ一体どれほどいるのだろうか。

 …、確執、理解、和解、…。

 メトロに乗れる息子や娘は幸いであるが、自分は乗れたとして兄弟姉妹の一人でも乗り遅れる者がいるやも知れず、はてそんな者を無理やり乗せたところで映画のような奇跡は起きるはずもない。

 いつの日かメトロに乗れる日が訪れんことを待つしかないのだろう。間に合うことならば父灰となる日までに、間に合わなくとも子灰となる日までに。
posted at 2009/02/08 05:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像批評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。